日記

中村家住宅(重要文化財)に行ってきた

浜松市の雄踏町に日本の重要文化財に指定されている中村家住宅があります!
中村家は、鎌倉から続く名門のようで文明15年(1483)に、この地に屋敷を造ったようです(^_-)-☆





徳川家康の第二子於義丸(後の結城秀康)が誕生したところです(^O^)/
昭和48年に重要文化財に指定されて平成13年から15年かけて解体工事・復元工事を実施し、江戸時代初期の貞享(じょうきょう)5年(1688)頃の建物としてよみがえらせたということです(^^)v





「かやぶき屋根に鬼瓦」(*^^)v


かやぶき屋根に鬼瓦の屋根が特徴的で似ているようなかやぶき屋根に鬼瓦の重要文化財は全国で3つしかないらしいです(*^▽^*)家に入ると太い梁が上手に組み合わされて見ごたえがあります(^o^)曲がった木を上手に使って造られていることにすごく関心します(*^^)v




整体偏頭痛首の痛みストレートネック

暇を持て余している人は、いちどくらい気がむいたときに来てみよう!あたらしい体験や発見があるかもしれませんよ(*^▽^*)




カイロプラクティック寝違え肩凝り整体

浜松市 中村家住宅(国指定重要文化財) 2016

  


Posted by テースト  at 14:12Comments(0)